2011年11月23日

JDKのダウンロードとインストール


Javaのインストール
最初にJavaをインストールします
Javaの特徴としてはどのパソコンでも動くという特徴があります

Javaは下記からダウンロードする事ができます

無料Javaのダウンロード

無料Javaのダウンロードと言うボタンを押すとJavaのダウンロードがはじまります



JDKのインストール
次にJavaのダウンロードサイトからJava SE Development Kit (JDK) 6 をダウンロードします

JDKのダウンロードサイト(英語)


英語のサイトですが簡単なので気にせずw

ダウンロードするのは『Java SE Downloads』というものです
SEとはStandard Editionのこと

JDK.JPG
ここからJDKをダウンロードします


まずは Accept License Agreement を選択します
自分のPCはWindowsのXP 32bit版なのでWindows x86を選択します
JDK2.JPG
(自分のPCが32bitか64bitかわからない・・・)
そのうち書きますww
64bitのかたは Windows x64を選択してください

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすることでインストールが始まります

インストール先は
C:\Program Files\Java
などにしておきましょうか

これでJDKの導入は完了しました


さて次はEclipseを導入しましょう
スポンサードリンク

posted by kenken at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発準備 JDK導入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月22日

開発環境設定準備


さて早速ですがWindowsでの開発環境を整えていきたいと思います
順番としては

1. Java(JDK)を入れる
2. Eclipseを導入する
3. Android SDKを導入する




それぞれ解説していきますと
1. Java(JDK)を入れる

まず前回説明したようにAndroidアプリの基本はJavaというプログラミング言語で書きます
プログラミング言語とは・・・(いずれ書きますw)
Java の開発をするには Java Development Kit (JDK) が必要ですので導入します


2. Eclipseを導入する

次にEclipseを導入します
EclipseとはAndroidアプリを開発するためのソフトです
Javaとどう違うの?と思いますが
Javaは開発言語、EclipseはJavaを使って開発するためのソフトです


3. Android SDKを導入する
先ほどのEclipseにandroidSDK 開発プラグインをインストールします
これはパソコンで動かすアンドロイド端末のエミュレーターです

作ったプログラミングを動作させるにはアンドロイド端末が必要ですが
擬似的にこのSDKで動作確認をするのが基本となります


スポンサードリンク

posted by kenken at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Androidについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。