2012年02月06日

いろいろな単位


アンドロイド端末にはいろいろな大きさがあり
スマートフォンからタブレットまでと様々です
開発用のサイズを指定するためのいろいろな単位を記述しておきます

dp (dip)
density-independent pixels
android独自の仮想的なピクセル単位
160dpiのスクリーンで、1dip=1px となる
dip・dp のどちらでもよい
※dpiとは・・・dots per inch
1インチの幅の中にどれだけのドットを表現できるか

sp
Scale-independent Pixels
dpに似た単位だがユーザーが設定した
フォントサイズによって自動でサイズが変わる
spで指定したサイズは、画面密度(解像度)
とユーザーが設定したフォントサイズに依存する

px
Pixels
スクリーン上の実際のドット(ピクセル数)
※非推奨

in
Inches
画面の物理的サイズ
約25.4 mm

pt
Points
スクリーンの物理的サイズに基づいたサイズで
1/72インチ

mm
Millimeters
スクリーンの物理的サイズに基づいたサイズ
そのままw

pxやによってサイズを指定すると
dpi (dots per inch) の小さな画面で大きく
大きな画面では小さくなるという
汎用性が低くなる問題が発生します
デバイスに非依存なアプリケーションを開発するために
dp (dip) 文字などはspを利用するのが望ましいと思われます
スポンサードリンク

posted by kenken at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発補助 Dimension単位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250756722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。