2012年02月09日

円弧の描画


円弧を描画するにはdrawArcを使用します
まずRectFで矩形領域を指定します
指定した領域内に円または楕円が書かれます
その中で表示される範囲をdrawArcで範囲を指定します

内容は
drawArc(RectF , float startAngle, float sweepAngle, boolean useCenter, paint)
となっています
RectFで指定した矩形領域に、角度startAngleを起点に時計回りに
角度sweepAngleの円弧を描きます
たとえばstartAngleが0で時計針の短針が3時の位置
180で9時の位置が開始位置になります
負の値を指定すると、反時計回りの角度にもできます
useCenterをtrueにすると、円の中心を含めて描画します
		 protected void onDraw(Canvas canvas) {
		     super.onDraw(canvas);
		
			//この間にグラフィック描画のコードを記述する
			Paint paint = new Paint();
			//色を設定
			paint.setColor(Color.MAGENTA);
			//線の太さを指定
			paint.setStrokeWidth(5);
			//アンチエイリアス(線を滑らかに)
			paint.setAntiAlias(true);
			// 線で描く
			paint.setStyle(Paint.Style.STROKE);
			//座標指定
			RectF rect = new RectF(50, 50, 200, 200);
			//円の中心を含めて描画
			canvas.drawArc(rect, 180,90,true,paint);
			//座標指定
			rect = new RectF(300, 50, 400, 200);
			//円弧のみ描写
			canvas.drawArc(rect, 180,-90,false,paint);
		     //終了
        }
draw10.png
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。