2012年02月09日

Pathによる線の描画


Pathによる線の描画はペンで書くように
座標を指定していってまとめて描く事ができます
		 protected void onDraw(Canvas canvas) {
		     super.onDraw(canvas);
		
			//この間にグラフィック描画のコードを記述する
			Paint paint = new Paint();
			//色を設定
			paint.setColor(Color.MAGENTA);
			//線の太さを指定
			paint.setStrokeWidth(5);

			// 線で描く
			paint.setStyle(Paint.Style.STROKE);
			//pathを新規作成
			Path path = new Path();
			//RectFでの矩形を描写
			path.addRect(new RectF(10, 40, 110, 140), Direction.CW);
			path.moveTo(10, 40);//座標(10, 40)に移動
			path.lineTo(40, 10);//座標(40, 10)まで線を描く
			path.lineTo(140, 10);//以下同様
			path.lineTo(140, 110);
			path.lineTo(110, 140);
			path.moveTo(110, 40);
			path.lineTo(140, 10);
			//drawPathで描写
			canvas.drawPath(path, paint);
		     //終了
        }
draw11.png
まずRectFでまず矩形を描き、その次にPathを使って線を足しています
addRectのDirection.CWは時計回りに描写、CCWにすると反時計回りだそうです

スポンサードリンク

【グラフィックス Viewクラス描画の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。