2012年02月09日

滑らかな曲線を描写する


曲線を描写するには前回のPathにcubicToを使用します
cubicToでは3次ベジェ曲線というのを使用して曲線を描いています
wiki ベジェ曲線
詳細は省きますが(というかうまく説明できないw)
要するに始点と中点×2と終点を指定して曲線を描いているようです
path.moveToで始点に移動します
その次に
cubicTo(2点目のx座標 , 2点目のy座標 , 3点目のx座標 , 3点目のx座標 ,
終点のx座標 , 終点のy座標)で指定します
		 protected void onDraw(Canvas canvas) {
		     super.onDraw(canvas);
		
			//この間にグラフィック描画のコードを記述する
			Paint paint = new Paint();
			//色を設定
			paint.setColor(Color.YELLOW);
			//線の太さを指定
			paint.setStrokeWidth(5);
			//線を滑らかに書く
			paint.setAntiAlias(true);
			// 線で描く
			paint.setStyle(Paint.Style.STROKE);
			//pathを新規作成
			Path path = new Path();
			//始点座標
			path.moveTo(10,100);
			//中点×2+終点
			path.cubicTo(60, 50, 150, 50, 200, 200);
						
			path.moveTo(10,300);
			path.cubicTo(60, 200, 150, 400, 200, 300);
			canvas.drawPath(path, paint);
		     //終了
        }
draw12.png
単に曲線だけでなく、波打った形も描写できます
スポンサードリンク

【グラフィックス Viewクラス描画の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251378607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。