2012年05月09日

リスト項目のレイアウトを自由にカスタマイズ(2)


レイアウトファイルを使用したリストビュー
前回はBaseAdapterクラスを拡張したリストビュー表示を行いました
リスト項目のレイアウトを自由にカスタマイズ
今回はgetViewメソッドで作成するViewにレイアウトファイルを指定して使ってみたいと思います
まずは1行分のレイアウトファイルを作成します
第1項目のみ大きく表示させるためTextsizeを30spにしています
list.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>



<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
	android:layout_width="fill_parent"
	android:layout_height="fill_parent"
	android:orientation="vertical" >

    <TextView
        android:id="@+id/textView1"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="TextView" android:textSize="30sp"/>

    <TextView
        android:id="@+id/textView2"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="TextView" />

    <TextView
        android:id="@+id/textView3"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="TextView" />
    
</LinearLayout>

次にMainActivity.javaを変更します
前回同様BaseAdapterを独自に作成し
getCount・getItem・getItemId・getView を実装すればOKです
前回と異なるところはgetView内でLayoutInflater を用いて
独自xmlファイルから View オブジェクトを作成しています
MainActivity.java
package blog.test;
 
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;
 
import android.app.Activity;
import android.content.Context;
import android.os.Bundle;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.BaseAdapter;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.ListView;
import android.widget.TextView;
 
public class MainActivity extends Activity {
 
	//独自クラスMemberを作成
    private class Member {
        private String name,team;
        private int number;
 
        public Member(String name, int number , String team) {
            this.name = name;
            this.number = number;
            this.team = team;
            
        }
 
        public String getName() {
            return name;
        }
 
        public int getNumber() {
            return number;
        }
        public String getTeam() {
            return team;
        }
    }
 
    //BaseAdapterを拡張した独自Adapterの定義
    private class ListMemberAdapter extends BaseAdapter {
        private Context context;
        private List list;
 
        public ListMemberAdapter(Context context) {
            super();
            this.context = context;
            //ListにMemberを追加する
            //追加にはMemberクラスを使用
            list = new ArrayList();
            list.add(new Member("Ichiro", 51,"Mariners"));
            list.add(new Member("Matsui", 55,"Rays"));
            list.add(new Member("Darvish", 11,"Rangers"));
        }
 
        public int getCount() {
            return list.size();
        }
 
        public Object getItem(int position) {
 
            return list.get(position);
        }
 
        public long getItemId(int position) {
            return position;
        }
 
        public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent) {
        	Member member = (Member) getItem(position);
 
            
            TextView tvName,tvNumber,tvTeam;
            View v = convertView;

            if(v==null){
              LayoutInflater inflater = 
                (LayoutInflater)
                  getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);
              v = inflater.inflate(R.layout.list, null);
            }

            if(member != null){
              tvName = (TextView) v.findViewById(R.id.textView1);
              tvNumber = (TextView) v.findViewById(R.id.textView2);
              tvTeam = (TextView) v.findViewById(R.id.textView3);
              
              tvName.setText("Name : "+member.getName());
              tvNumber.setText("Number : "+String.valueOf(member.getNumber()));
              tvTeam.setText("Team : "+member.getTeam());
            }
            return v;
        }
    }
 
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
 
        ListView lv = new ListView(this);
        setContentView(lv);
 
        lv.setAdapter(new ListMemberAdapter(this));
    }
}

これによりレイアウトxmlファイルで1行分のレイアウトを事前に指定し
あとから各表示項目を追記することができます
実行すると以下のような画面になります
device103.png
前回と比較してレイアウトがxmlなので変更が容易にできました

スポンサードリンク

posted by kenken at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウィジェット トースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269236241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。