2012年05月31日

イベントとは・・・


RPGなどでよく聞く用語としてイベントというものがあります
これはユーザーや自身の任意のタイミングでなにかを起こすといったことにに当たります
具体的には使用者が“タッチした”“傾けた”“ボタンを押した”等の行動を起こしたり
自分で設定した“10分経過”などが起こったら
なんらかのアクションを起こすことをイベントといいます

ウィジェットのイベント処理
アンドロイドでウィジェットのイベントの処理をおこなうには
イベントリスナーと呼ばれるインターフェースインプリメントしたクラスを作成して
このクラスをウィジェットと結び付けます
インプリメントとは・・・
そのインターフェイスをクラス内で使用できるよう
適応させることになります
わかりやすくたとえると
パソコン(クラス)にプリンタードライバ(インターフェイス)をインストール(インプリメント
という感じですw
イベント処理を記述するクラスにView.OnClickListenerインターフェースをインプリメント
setOnClickListenerを使ってこのクラスと結びつけます
MainActivity.java
package blog.test;
 
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.TextView;

 


public class MainActivity extends Activity {
	
	
	//RadioGroup group;

	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
	super.onCreate(savedInstanceState);
		
		//テキストビュー作成
        TextView tv = new TextView(this);
        tv.setText("イベント発生前");
        setContentView(tv);
        //ClickListenerと結びつける
        tv.setOnClickListener(new ClickListener());
    }
}

//OnClickListenerをインプリメントしたオリジナルのクラス作成
class ClickListener implements View.OnClickListener {
    public void onClick(View v) {
        ((TextView)v).setText("クリックイベントが発生しました");
    }
}
これはTextViewがクリックされた時にonClickメソッドが呼び出され
クリックされたTextViewの文字を変更させています
device122.png

TextViewをクリックすると・・・
device123.png

イベント処理は通常Viewクラスの引数を持ち
その値はイベントの発生源となったオブジェクトを指しています
今回の場合は“tv”すなわちクリックされたテキストビューのことです
スポンサードリンク

posted by kenken at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント イベント処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272755389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。