////
TOP目次
2012年07月12日

バイブレーションを使う(2)


前回はVibratorクラスを使用してバイブレーションを使用してみました
バイブレーションを使う(1)

今回NotificationManagerクラスを使用してのバイブレーションです
Notification Managerは今後詳しく扱いますが
基本的にはユーザーに通知を与える機能です
今回は通知にバイブレーションのみを割り当てて動作させています
ほかにもステータスバーに通知やサウンドの割り当てなど
様々なことが可能です

NotificationManagerNotificationを管理するのマネージャークラスです
つまり、Notificationクラスを生成しNotification.vibrateにバイブレーションパターンを設定します
それを管理しているNotificationManagerメソッドを使って バイブレーションを動作させます


まずはレイアウトにボタンを配置します
今回はスタートボタンのみです
main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >
 
 
    <Button
        android:id="@+id/button1"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content" android:text="指定時間ON"/>


</LinearLayout>


次にMainActivityです
スタートボタンの動作を設定しています

MainActivity.java
package blog.test;

import android.app.Activity;
import android.app.Notification;
import android.app.NotificationManager;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;

public class MainActivity extends Activity implements View.OnClickListener{
		private Button btn01;
		private NotificationManager notifManager;
		private Notification notif;
		/** Called when the activity is first created. */
		@Override
		public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
			super.onCreate(savedInstanceState);
			setContentView(R.layout.main);
		
			btn01 = (Button)findViewById(R.id.button1);
			btn01.setOnClickListener(this);
			notifManager = (NotificationManager)getSystemService(NOTIFICATION_SERVICE);
			notif = new Notification();
			//時間の指定
			notif.vibrate = new long[]{1000, 200, 700, 200, 400, 200};
		}
	
		//ボタンを押したときの動作
		public void onClick(View v) {
			if(v == btn01) {
				notifManager.notify(R.string.app_name, notif);
			}
		}
	}

なお今回はハードウェアのバイブレーションを使う権限を追加しなくても動作します

今回からgalaxyではなくxperiaでの動作確認になっています
ちゃんと動作しましたww

device131.png
スポンサードリンク

【ハードウェア バイブレーションの最新記事】

バイブレーションを使う(1)


デバイスのバイブレーションを使う方法は2通りあります
Vibratorクラスを使用
NotificationManagerクラスを使用

今回は1つ目のほうを使ってみたいと思います

Vibratorクラスを使う
Vibratorクラスでのバイブレーションのパターンには
指定時間ONする
パターンを繰り返す
の2通りがあります

指定時間ONする場合にはvibrate(long milliseconds)を使います

パターンを使って繰り返す場合には
vibrate(long[] pattern, int repeat)を使います
longでONの時間とOFFの時間を交互に指定します
int repeatでは繰り返し回数ではなく
patternのどこから開始するかを表すパラメータです
パターンの最初から繰り返しをする場合は"0"を設定します
また繰り返しを行わない場合は"-1"を設定します

バイブレーションを止める場合にはcancelメソッドを使います

以下はそれぞれを試すサンプルプログラムです


まずはレイアウトに3つのボタンを配置します
・指定時間ON
・パターンを繰り返す
・ストップ

main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
	android:layout_width="fill_parent"
	android:layout_height="fill_parent"
	android:orientation="vertical" >


    <Button
        android:id="@+id/button1"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content" android:text="指定時間ON"/>



    <Button
        android:id="@+id/button2"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content" android:text="パターンを繰り返す"/>




    <Button
        android:id="@+id/button3"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="ストップ" />

</LinearLayout>


次にMainActivityです
こちらはそれぞれボタンの動作を設定しています

MainActivity.java
package blog.test;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.os.Vibrator;
import android.view.View;
import android.widget.Button;

public class MainActivity extends Activity implements View.OnClickListener{
	private Button btn1, btn2, btn3;
	private Vibrator vib;
	private long pattern[] = {1000, 300, 500, 300, 200, 300 };
	/** Called when the activity is first created. */
	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.main);
		
		btn1 = (Button)findViewById(R.id.button1);
		btn1.setOnClickListener(this);
		btn2 = (Button)findViewById(R.id.button2);
		btn2.setOnClickListener(this);
		btn3 = (Button)findViewById(R.id.button3);
		btn3.setOnClickListener(this);
		//VIBRATORのインスタンス取得
		vib = (Vibrator)getSystemService(VIBRATOR_SERVICE);
	}
	
	public void onClick(View v) {
		if(v == btn1) {
			vib.vibrate(5000);// 指定時間ONする
		}
		else if(v == btn2) {
			vib.vibrate(pattern, 0);// パターンを繰り返す
		}
		else if(v == btn3) {
			vib.cancel();// ストップ
		}
	}
}


最後にハードウェアのバイブレーションを使う権限を追加しなければなりません
AndroidManifest.xmlを開いて次の一文を追記します
<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE"></uses-permission>



今回もgalaxy sの実機で確認しました

device130.png
ちゃんと震えていますw

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。